ほつまつたえ


Hotsuma tsutae feelings
by hon-hotsuma
プロフィールを見る
画像一覧

書感 悪夢の超特急”リニア中央新幹線

悪夢の超特急”リニア中央新幹線
<建設中止を求めて訴訟へ> 樫田秀樹著 旬報社 2016年8月

リニア新幹線については、宮崎県での実験のときから、今まで
さほど深く考えたこともなかったのですが、図書館で本書を知り取り上げました。
根底にこんなにも問題が隠されていたのか、あるいは問題と認識していなかったのか、あまりにも危険であるということを知りました。
いろいろな問題点を列記している中で、自分なりに大きく二つの点が気になりました。
一つは、自然破壊の問題。地中の中にトンネルを通すことで水脈が途切れて水枯れ。トンネル内からの残土の処理。最近は、自然を大切にしたい、自然と共に生きていくという気持ちからあまりにもかけ離れているからです。
もう一つの問題は、問題なしと結論付けしているようですが電磁波の問題です。リニア新幹線は原発一基分の大量の電力消費もさることながら、車中で電磁波を1時間以上浴びせられた状態になるというのが一番の問題です。即効性があるわけでなく、将来ガンになって寿命を縮めるという結果に気が付くかどうかの問題だからだと思うからです。ガンとの因果関係を含めて安全面からの見直しが明確にされるべきと思います。
 一言で言えば、そんなに急いでどこ行くの?というのが小生の感想です。
「ゾウの時間、ネズミの時間」という本が以前話題になったことがありましたが、目的地へ急いで移動し、2倍働いても、電磁波を被ばくしガンになり1/2の寿命で全うするのであれば、何もそんなに急ぐ必要もないと思います。
電磁波の照射というリスクを浴びてまでリニア新幹線に乗って行く必要があるようには思えません。
リニア新幹線について、コンコルドの二の舞を踏む前に立ち止まれないのだろうかという気になりました。
 
以下は目次から一部を列記してみました。
第一章 計画前夜‥
第二章 空疎な「方法書」説明会…国の民意軽視/原発一基分の電力を消費するリニア
第三章 何が問題なのか 推進者からの批判/海外での事例/自治体にも隠される情報/何が問題なのか/電磁波/水枯れ/残土/ウラン鉱床/不安な安全対策/なぜ報道されないのか?
第四章 リニアは必要なのか?・/誰がリニアを必要としているのか?
第五章 土壇場での懸念の噴出‥・/静岡県七市二町の水源がなくなる?/悩ましき南アルプスの残土
第六章 厳しい知事意見書が出ても…
第七章 ストップ・リニア!訴訟‥地域住民立ち上がる

川柳
リニアカー 電子レンジで チンされる


以上
ジョンレノ・ホツマ
[PR]
by hon-hotsuma | 2016-09-22 09:02 | Comments(0)

カテゴリ

全体
未分類

フォロー中のブログ

最新のコメント

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

歴史
語学

画像一覧