ほつまつたえ


Hotsuma tsutae feelings
by hon-hotsuma
プロフィールを見る
画像一覧

できる男は超小食 空腹こそ活力の源!

書感:できる男は超小食 空腹こそ活力の源!
船瀬俊介著 主婦の友社 2015/4発行 1200+α

著者は、食品、医食、環境問題に取り組むジャーナリスト。
自らの体験に基づいているとあります。

前書き、
食べない人ほど冴える!できる!
タモリもたけしも一日一食! 芸能界にこの少食主義が広まっています。水谷豊さん、元ピンク・レディーの未唯mieさん、片岡鶴太郎さん、千葉真一さんなど
 ジャバネットたかた社長も一日一食 
   
1章「できる男」は皆「少食」
少食で頭が冴える 記憶力アップ 思考がシャープに、
少食で体が軽くなる 体重が減り、身のこなしも軽やかに、
少食で集中力がアップする 脳や神経の“汚れ”をデトックス、
少食で疲れない 腹が減るほど快調!が真の健康体、
少食で短眠でも大丈夫 消化に費やすエネルギーが少なくてすむ、
少食で若さがよみがえる 体が引き締まり、肌がきれいに、
少食で精力絶倫! 男性の精力も、女性の妊娠力もアップ、
少食でメタボ解消! 肥満、糖尿病、心臓病…みんな消えていく、
少食で細マッチョになれる 静的筋トレと併せてシェイプアップ・ボディに、
少食で加齢臭が消える 悪臭のもとは肉食、過食の乱れた食生活、
少食でお金の余裕が生まれる 一日一食なら、夫婦で年間72万円貯まる、
少食で時間の余裕も生まれる 浮いた時間を趣味、創作へ 

2章 挫折しない「少食」はこうして実行!
週末断食だけでも効果はある?一週間でたまった毒をデトックス

3章 そうは言っても……、「少食」をはばむ常識のウソ&思い込み 
一日一食で、どんどんやせたら困る」?若い頃の体重に落ち着きます 

4章「少食」になったら何食べる? 
「肉はスタミナ、パワーの素」? 肉は腸内で腐ってがんや万病のもとになる
牛乳神話も肉食神話も“洗脳”だった 国際巨大マフィアの大衆操作
和食の底力「ひらがな食」抗がんパワーの数々

第5章
「できる男」は「少食」で病気知らず
「少食」で免疫力アップ 断食は免疫力を驚異的に高める 
「食」と「腸」の乱れが万病のもと腸内の健全発酵が、病気を防ぐ一・
健康はご腸内の皆さまのおかげ!菜食、生食、少食で腸内を元気に

終わりに
「ファスティング(断食・少食)は、万病を直す妙法である」これは約5000年の歴史を誇るヨガの教えです。
生命は自ら治す力を持っている。生命の基本原理である。しかし、現代医学では、この自然治癒力を教えない。西洋医学は生命を「物質的な存在」と考えたから。
自然治癒力に基づく新医学で、根幹がファスティングである。真の健康に導いてくれるだろう。

以上、本書の前書き、目次、あとがきの内容を抜粋してみました。

ある程度距離を置いて読みました。個々の内容についていくつか納得できないところもありましたが、多くはなるほどと思える内容でした。今の食事量をもう少し減らしても良いかなという感じです。
食(食材)の見方については、他の著者の方とバッティングしている内容もありましたので、程度や状況などを踏まえ自分にとって本当に良いと思うところを取り込んで自分の基準軸にしていきたいと思いました。

一日に一食の生活に到達するかどうかわかりませんが、必要性を感じるまでに時間がかかることと思います。
本書に出会う前からの食生活ですが、現在、朝、晩の二食にしています。昼は果物とコーヒー、リンツのチョコひとかけら、ナッツです。自宅での食事は、炭水化物は極力減らすよう、ごはん(お米)は朝だけにしています。出来る限り有機の野菜を心がけ、加工食品は納豆、みそなどの発酵食品以外は極力とらないような生活をしています。
以上

ジョンレノ・ホツマ
[PR]
by hon-hotsuma | 2016-11-14 09:35

カテゴリ

全体
未分類

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

歴史
語学

画像一覧