ほつまつたえ


Hotsuma tsutae feelings
by hon-hotsuma
プロフィールを見る
画像一覧

書感:クモの糸でバイオリン

書感:クモの糸でバイオリン 大崎茂芳著 岩波科学ライブラリー 1200+α

以前、「クモの糸~」がTVか何かで話題になったような記憶はあったものの、細いナイロンと比べられるものかどうかもわからず、クモの糸をどうやって採取するのか、何を実現不可能なことをやっているのか、奇人変人か、常識ではありえないことだと気にもしていませんでした。
今回、図書館の新刊リストに本書を見つけ、自分の思い込みであったことを知り、一気に読み切ってしまいました。
著者は40年に亘りクモ一筋!一言で言えば、ここまでやるか!まさに何が得られるかもわからない目的に向かって食いついていけば、結果は向こうからやってくる!という表現がこの著者のためにあるように思いました。著者に拍手喝采です。古代の言葉(ホツマ用語)で言えばヨロトシ!(万歳)です。
著者は、大学院で粘着紙の研究中に総説としてまとめる過程で、ふとクモの巣が頭に浮かび、クモの糸の物理化学的特性を調べた研究はほとんどないことを知り、未開拓分野に魅力を感じたのが発端とあります。

屋外でクモを観察し生態を理解しようという気になったり、クモから糸を取り出す方法を考え付いたり、苦労の末、実験に使える糸が得られ、物理化学的な性質を調べて、クモの糸を詳しく調べ上げていくのには、著者の以前の経歴が向かわせたのに他ならない。本業は粘着紙の研究からマイクロ波という電磁波を用いた分子や繊維の配向性の研究へシフトしていたことが、クモの糸に結びついたというのは何か著者にとって運命的であったように思えます。クモの方から呼びかけてきたとしか思えないからです。

具体的には、クモには、7種類の糸があり、電子顕微鏡で糸によって様子が違うことを知り、縦糸は4本の細い繊維からなり、横糸は2本で粘着球という粘着剤が間隔を置いて配置されている。牽引糸というクモにとって命綱で、クモが自ら降りてくるときに出す糸が、本実験の糸になります。
この牽引糸をどうやってクモに出させるか、クモとのコミュニケーションや糸を出してもらうための環境づくりなどいろいろな苦労があったし、何本も束ねなければならないため、物理的な量のクモの糸を集めるのも大変なことであったと思います。


牽引糸の弾性限界強度はクモの大きさに関係なく体重の約2倍であることを知り、電子顕微鏡で2本の細い繊維から成り立っている安全則を確認、たとえ1本が切れても支えられるゆとりになっていることに感心。

大量に集めたコガネグモの糸を使って糸を束ねて人を吊る実験を何回も失敗を重ねながらも100kg以上の強度を得ることに成功してきていた。
その後、クモの糸は力学的に強く、さらに弾性や柔軟性もあることがわかってきて、この特徴はバイオリンの弦にも向いていると考えるに至っていた。

周りの出会った人たちも、著者の奇想天外な実験に応援する姿がありありとうかがえます。著者の熱意から環境の良さに恵まれ、クモの糸をストラディバリウスに取り付けて奏でられ、世界的な反響を巻き起こしていたことを本書によって知りました。
以上

ジョンレノ・ホツマ
[PR]
by hon-hotsuma | 2016-12-22 11:43 | Comments(0)

カテゴリ

全体
未分類

フォロー中のブログ

最新のコメント

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

歴史
語学

画像一覧