ほつまつたえ


Hotsuma tsutae feelings
by hon-hotsuma
プロフィールを見る
画像一覧

<   2011年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

書感  日本とユダヤ

e0191707_9234184.jpg書感  日本とユダヤ 運命の遺伝子 久保有政著 学研パブリッシング 2011/03発行

著者はサイエンスライター、ユダヤ文化研究家、聖書解説家として活躍されている方です。

最近のDNAの研究により、日本人は中国や朝鮮半島との接触より、イスラエル系チベット族、中央アジア一族と日本人とユダヤ人との間で非常に高い共通性を持っているというのが主な趣旨です。
長期にわたり調査されていることに感心しました。

ホツマツタエの記述内容に思い当たる点と、あまりにも出来すぎていて賛成できない点もありましたが、その中で、新しい発見をしました。

読み始めて最初に感動したのは、EUの生みの親が日本人であったということです。
ハインリヒ・クーデンホーフ・カレルギー伯爵がオーストリア・ハンガリー帝国の駐日公使として日本に赴任して間もないころ、落馬してしまいます。
たまたまそこを通りかかった見ず知らずの青山光子さんという女性に応急手当をしてもらったのがきっかけで結婚され、やがて伯爵夫人としてヨーロッパへ渡ります。
光子さんは31才で7人の子供をもった未亡人になってしまいます。更に、第一次世界大戦が始まり、祖国同士が敵国になってしまいます。しかし、光子さんは敵味方かかわらず苦しむ人のために働き、彼女の存在はヨーロッパで一筋の光になり、晩年に「ヨーロッパ統合の母」と呼ばれるようになります。
本当の平和、本当の共存共栄は、民族を越え、人種差別を越え、敵味方をも越えた彼女の心にあることを知り、後に子供のリヒャルト伯がヨーロッパ統合運動を始めることになったという事を知りました。

もう一つは、割礼についてです。
古代イスラエル宗教では生後8日目に割礼の習慣があり、その日は、友人知人親戚が割礼式のために集まり、子供に命名する日でもあるとのことです。
包茎は不衛生になりやすいという理由だからとのことだそうです。イスラム教徒でも割礼はあるが生後13才のときに施すとのことだそうです。
さらに、驚いたことに、日本の皇室にも古くから生後8日目に割礼の儀式があると宮内庁の方の証言を載せられていたからです。
本書の割礼の個所を読んだ瞬間、ホツマツタエの中の何のことか分からなかった個所が、この割礼の儀式について言っているのだと直感し、新たな感動を受けました。

以上        ジョンレノ・ホツマ
[PR]
by hon-hotsuma | 2011-06-11 09:24

想定外

想定外     

原発の事故に関連して、「想定外」という言葉をよく耳にするようになりました。あり得ないと信じていたことが生じてしまい、事前に心づもりが出来なかった言い訳として、本人にとっての常識外とは言えず、「想定外」であったという言葉が使われたのでしょう。

想定外というには大げさかもしれませんが、最近、私にとっての常識外の出来事がありました。

一つは、長い間動いていた電池式の掛け時計が地震発生後1カ月位して突然止まりました。電池交換しようと裏を見たら、裏には電池ボックスらしきものは無かったのです。
そういえば、壁に掛けっ放しで、今まで一度も電池交換したことがなかった事に気付き、改めて時計本体の裏に挟んであった埃まみれの保証書を見ると、昭和62年9月の日付になっていました。長寿命と言われるリチウム電池でも8年ぐらいの寿命と思っていたのに、なんと23年8カ月も動き続けていたことにびっくりしました。
最初の想定外でした。
普通の電池時計のつもりで電池交換を頼みに購入先に行きましたが、本体と電池部分が一体の特殊な構造だとかで、今では部品が無くどうしようもできないという返事でした。電池交換できないと知り、唖然としたのが二つ目の想定外でした。

高寿命の使い捨て時計であったことに後になって気がつきました。電池交換できる普通の掛け時計や、昔からの機械式の掛け時計が恨めしく思いました。
一般的に、製造中止から部品は5年間の在庫義務があることは知っていましたが、シチズンも、23年8カ月も動き続ける電池だとは予測して部品を確保していなかったものだったのでしょう。

まさに想定外の寿命も、過ぎたるは及ばざるが如しと思った次第です。

もう一つは、プリンターについてです。

モノクロのレーザープリンターのトナーが無くなりかけたので、インターネットでその消耗品であるトナーカートリッジを高いなと思いながらも注文しようとしたときです。偶然にも本体が旧タイプになったためバーゲンしている店があり、新品の本体と、その消耗部品がほとんど同じ金額で売られている事を知りました。
どっちを買うのもシャクなので、僅かのプラスαで両面印刷、冊子印刷機能の付いた新製品が発売されていることを知り、この新しい機種に買い替えられ、お陰で満足することができました。
以上、
 ジョンレノ・ホツマ
[PR]
by hon-hotsuma | 2011-06-11 09:20

カテゴリ

全体
未分類

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

歴史
語学

画像一覧