ほつまつたえ


Hotsuma tsutae feelings
by hon-hotsuma
プロフィールを見る
画像一覧

古代の刑罰、「ほつまつたえ」より 

古代の刑罰、「ほつまつたえ」より                ジョンレノ・ホツマ

紀元前の古代日本は立派な司法国家であったことが、「ほつまつたえ」より読みとれますので紹介します。

一つは「くらきね」という「いさなぎ」の弟が亡くなってからの話からです。

「くらきね」は北陸を治めていましたが、亡き後「しらひと」なる者が、ますひと(代官)になりました。勝手な行動が目に余ると訴えられます。
その「しらひと」は、邪魔になった母(さしみめ、「くらきね」の妻)とその子供(くらこ姫)を「こくみ」という者の所へ追い出し、「こくみ」は二人を同時に犯して辱めました。
代官の「かんさひ」はこれを正せずにいるという内容です。詳しくは「ほつまつたえ」の7綾(7章)を参照下さい。
直ちに出頭を命じられ、裁判にかけられ判決が言い渡されます。

「こくみ」に対して
1.君(くらきね)の恩を忘れ、葬送の祭りを怠った罪、百科(ももくら)
2.母の厚情による支援を裏切った罪、二十科(ふそくら)
3.母を犯す罪、百科(ももくら)
4.「おしで」(証文)に対する偽証の罪、百科(ももくら)
5.姫をないがしろにした罪、五十科(いそくら)
罪状全てで、三百七十科を申し渡す

「しらひと」に対して
1.君・母からの恩を忘れた罪、二百科(くら)
2.妻を追い出し流浪させた罪、百科
3.母娘を踏み荒らす(狼藉)罪、五十科
4.賄賂(わいろ)を掴(つか)む罪、六十科
罪状全てで、四百十科


ここで、罰則について、「とほこ」の法というが基になっています。
「とほこ」とは、「と」の導き、「と」の教えのことで両大神が天神から授かったもの、そして、「ほこ」は「さかほこ」(栄桙)を示しています。

具体的には、全天、三百六十度を三百六十科としており、三百六十度を四つに割って、

最初の四つ割の一つ、三百六十度の四分の一、すなわち 九十科で「所を去る」
次に四分の二、百八十度(科)で「流離う」(島流し)
次に四分の三、二百七十度(科)で「人との交わり去る」(追放刑)
四つ割の全て、三百六十度(科)で「命去る」(死刑)と罰則が決められていました。

今回の罪は四つ割(三百六十科:死刑)を越えている
よって、「ほころびと」(死刑)の制裁を加える。「つつが」(牢獄)に入れよと申し渡されました。

後日、「もちこ」という天照神の妃の恩赦により罪が半減され、「ひかわ」(斐伊川、島根県)に流刑の身となります。

また、「そさのお」の時の判決についても、同じ7綾の中にあります。

「そさのお」の罪状が言い渡され、罪状は千科もありました。天の巡りで決められた罪状は三百六十科が死罪ですから、何と死罪の三倍も残忍で、三段死(みきだがれ)という三回死ぬ程の惨い死刑を言い渡しました。

刑が執行され、髪の毛は抜かれ、爪も剥ぎとられようとしていて、まさに殺されようとしていた時です。「むかつ姫」(中宮、せおりつ姫)の申し出が勅使より告げられました。

「うけもの」(倉稲神・うけみたま)に祈ったので「はなこ」の御霊は無事天国へお送りしました。よって「はなこ」殺しの四百科は償われましたので、罪を白紙に戻すようお願
いします。「そさのお」の性格は生まれつきの遺伝です。ですから、本人には罪は無いので牢獄から出してやれないものでしょうか。
「ことのり」(情状酌量を願う減刑要請)を諸神が審議した結果、天の理に背く重罪ではあるが、身内の好しみにより、罪を半減して、「まじわりさる」(追放刑)に処することにしました。

紀元前の日本に、この「とほこ」の法という、公平で分かり易い立派な司法制度があったことに驚きます。
自分の認識では、今の交通違反の反則点数のように、罰則規定が、何点になったらどうなる、というのが、この時既に、法が公けになっていたということになります。

紀元前にすでに文字があったからこそ、こういう記録が残ったわけです。
何と素晴らしい文明国であったかと誇らしく思います。
以上
[PR]
by hon-hotsuma | 2011-10-03 10:45 | Comments(0)

書感 われ日本海の橋とならん

e0191707_10432670.jpgわれ日本海の橋とならん
内から見た中国、外から見た日本―そして世界
加藤嘉一著 ダイヤモンド社 1500+税 2011/7発行

著者は1984年生まれで、18歳の時に中国へ渡り、中国政府の国費留学で北京大学に入学された若干27歳の若者です。
今や、中国語に関してはネイティブ並みの語学力で、中国メディアからのインタビューが殺到しているそうです。

日本人と中国人の本音とたてまえを知り尽くして、深層心理まで突っ込んでおり、それぞれ両方の立場からの眼で、歯切れよく書かれており、まさに目からウロコです。

私にはこの著者が平成のジョン万次郎の再来のような気がしました。

中国で有名になった発端は、反日デモを見に行った時、生中継のデモ現場に居合わせた留学生として、「デモを招いた原因は中国と日本のどちらにあると思いますか」とマイクを突き付けられて、
「デモが起きるにあたって、日本の国連の常任理事国入りの議論、総理大臣の靖国神社参拝、日米同盟の台湾への影響力強化など複雑な要因が存在しました。それに対し、愛国主義教育の強化によって高揚する中国人民のナショナリズムが呼応し、爆発したかたちです。おそらく、中国人も日本人も今回のデモが外交的な案件であることを理解しているでしょう。そして、外交的な案件である限り、どちらか一方に非があるものではありません。双方の国にはそれぞれの考えがあり、歴史的バックグラウンドがあり、国内に特殊な問題を抱えています。ですから、問題を解決するには日中双方が抱える原因を慎重に探りつつ、互いが建設的な議論をしていかなければなりません。ただし、もしも日本の政治家の中に中国を頭ごなしに見下したり、侮辱するような発言をする人間がいるとすれば、それは同じ日本人として恥ずかしいことだと思います。」と一気に言ったとあります。

このインタビューを受けた翌日から、中国メディアからの取材が殺到するようになったという書き出しに始まっています。

以下、目次内容と気になる項目を列記してみます。
1章 中国をめぐる7つの疑問
反日感情はどの程度なのか
3章 日中関係をよくするために知ってほしいこと
 日本だけが抱えるチャイナリスク
 反日デモとは「反・自分デモ」である
 チャイナリスクとジャパンリスクの関係
4章 中国の民意はクラウドと公園にある
 インターネット人口5億人の衝撃
 お金より大切な「面子」とは
5章 ポスト「2011」時代の日本人へ
 四川大地震をチャンスに変えた中国
 復興には競争原理を持ち込め

本書には、列車事故のことは発行後の事故ですから触れていませんが、東北地震の件については中国人の眼から見た分析は、なるほどと納得できます。

ジョンレノ・ホツマ
[PR]
by hon-hotsuma | 2011-10-03 10:43 | Comments(0)

カテゴリ

全体
未分類

フォロー中のブログ

最新のコメント

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

歴史
語学

画像一覧