ほつまつたえ


Hotsuma tsutae feelings
by hon-hotsuma
プロフィールを見る
画像一覧

ヤマタイ国が仙台!ホツマツタヱと魏志倭人伝の解読

ホツマ・エッセイ 先々月の続き        
先々月のホツマ・エッセイで、疑問を残したままのことがあることに気が付きました。

それは、魏志倭人伝に述べられている邪馬台国は、仙台・日高見の「やまた」(山の宝・金銀などの金目のもの)が居る(ある)場所のことと推測したことを記述しました。

今までの魏志倭人伝の解釈の内容からは、位置的にかけ離れており、ほとんどの方は馬鹿げたことだと一笑して頭から無視されていることと思います。

しかしながら、見方を変えてみれば「ヤマタイ国」が仙台地方であっても何ら不思議でなく、あり得ることと納得していただけると思います。
あくまでも「ホツマツタヱ」を解読していく過程で、魏志倭人伝を参考として見ると自然と行き着く結論になりました。

まず、ホツマツタヱの38綾の景行天皇が熊襲討つ綾に、九州のほぼ全域を廻られた記述の中に「ひなもり」(夷守)という地名が出てきます。ここは、宮崎県小林市付近に夷守岳(霧島山から東北へ約3km)があり、この付近が、魏志倭人伝にある「投馬国」であったと思われます。

ホツマツタヱ29綾に、「たけひと」(後の神武天皇)が父の臨終で遺言を授かりに九州へ行きます。「みおやあまきみ」(うがやふきあわせず命・神武天皇の父)は死後「あひら」の神となります。「あひら」とは九州大隅半島中央部の鹿屋市吾平山上陵のことになります。

その後、君になった「たけひと」(後の神武天皇)は宮崎で政治を執ります。
この時、「たけひと」は最初のお妃「あびら姫」をこの九州で娶ります。この「あひら」地方の出身であると推測できます。

いずれにせよ、この付近が、魏志倭人伝でいう投馬国が存在していたのではないかと思います。

さて、この投馬国からの魏志倭人伝の記述は、
南至邪馬台国。女王之所都。
水行十日、陸行一月。
とありますが、今までの解釈は南へ進むと南の海しかないというのがほとんどのようであったように思います。
私の解釈は「南至」とは、何も南の方向に進むことではなく、ここでは本州(日本列島)の南側を「ヤマタイ国」へ向かって進むときの日数を言っていると捉えました。
この魏志倭人伝の記述で、「ヤマタイ国」が仙台と比定することも可能と思い至った次第です。                                   以上
[PR]
by hon-hotsuma | 2014-08-09 22:31 | Comments(0)

ホツマ・エッセイ

先月のホツマ・エッセイで、豊受神がなぜ仙台から今の伊勢に宮が移ったかという疑問がありました。ホツマツタヱを読み直し、経緯が理解できましたので、忘れない内に投稿します。

仙台、日高見で政治を執られていた豊受神は、全国の要所に人員を派遣しますが、特に「ちたる国」(山陰地方)は役人が政務を怠り治まりが付かなくなったので、本人自らが対策に行かれます。日高見(仙台)は「やそきね」が、「たかきね」は天照神の補佐(富士山の麓)、筑紫(九州・宮崎)は「つきよみ」と「かなざき」が治めることになりました。
しかし、豊受神は「あさひ宮」(丹後)でお亡くなりになります。
多分、この当時においても、大陸からの勢力争いというか渡来人との間で諍いがあったのではないかと思われます。
その後、天照神は豊受神を祀るため丹後の「あさひ宮」に行かれます。天照神は遺言で豊受神と同じ場所に埋葬されることを望まれます。
丹後の「あさひ宮」に行かれた天照神は、新しい宮にふさわしい所を探すために、「ひのはやひこ」に日本全国の絵地図を作るように命令します。
そして、伊勢の風景が良く、そこに新しく宮を造るよう「おもいかね」に命じます。「いさわ」(伊雑宮・志摩郡磯部町)に遷都します。
後世になって斎女がこのお二人の御霊が祀られていた「あさひ宮」から伊勢に移されます。そして現在に至っています。

もう一つ別件ですが、鳥居の語源の説明をいたしたく。

先月、敷(鴫)居(しきい)・鴨居(かもい)を「やまた居」(山の宝のある所・邪馬台国)の「居」の説明のために例として出しました。鳥居も同じ「居」なのですが、ホツマ以外この言葉の語源について触れられてないことを思い出しました。

文字通り、鳥の居る所というのが鳥居になります。先月「鳥居」という立派な本を図書館で読みましたが、詳しく写真が載せられているものの、鳥居の語源については全く触れていませんでした。

神社には東の門にあたる所が鳥居であり、鳥居に鳥を飼うことで鳥に日の出を気が付かせて鳴くことにより、神が最初に気が付く場所、門・鳥居であったこととあります。
八将神(やまさ)は、民のために「からふしま」を祭り、鳥より先に神が知る「しま」(門・州・神の居所、目印)は、鳥居にあります。
「からふ」(羅生門)のところにいる、ニワトリは暁(か・朝日)を受けて鳴き、「つあ」を返します。(告げ返す・天に返事する) いつもここに鳥がいれば、民が飢え死にせず、食料に事足りているということに気づかせてもらえるからです。民は鳥が居る(鳥居)ことで神のいたわりを知ることになります。                                     以上
[PR]
by hon-hotsuma | 2014-08-01 22:04 | Comments(0)

カテゴリ

全体
未分類

フォロー中のブログ

最新のコメント

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

歴史
語学

画像一覧