ほつまつたえ


Hotsuma tsutae feelings
by hon-hotsuma
プロフィールを見る
画像一覧

地球はもう温暖化していない 科学と政治の大転換へ 深井有著 

地球はもう温暖化していない 科学と政治の大転換へ 深井有著  平凡社 2015/10発行

第1章 CO2温暖化論が破綻するまで
第2章 太陽が主役、新しい気候変動の科学
第3章 あまりに政治化された「地球温暖化」
第4章 今後取るべき政策を考える

4つの章に分かれていますが、前半の章の内容については以前、同様の書感2冊取り上げた項目に重複するので、後半部分の展開についてのみ取り上げました。

以前取り上げたものというのは、 2010/5に「不機嫌な太陽・地球温暖化ブームを嗤う!」(デンマーク国立宇宙センターの太陽機構研究センター所長のH,スペニコル・サイエンスライターのN,コールダー著)で温暖化の原因は二酸化炭素(CO2)ではなく、宇宙線強度の変化・太陽からの変動が地球の気温変化に連動していることを突き止めていました。
 
更に2011/4には「二酸化炭素温暖化説の崩壊」(広瀬隆著)を取り上げました。
二酸化炭素温暖化説が捏造されてきたデータであったことの調査報告と、併せて原子力発電所の廃熱の問題が隠されてる。原子炉で生まれた熱エネルギーの1/3は電気になり、残りは熱となって海に捨てられている。発電量の2倍の熱量(約1億キロワット)を海水で冷却しており、海水を加熱していることの事実を隠している。

 さて、今回取り上げた本書の裏表紙には、日本では疑う余地はないと思われている二酸化炭素(CO2)による人為的な地球温暖化。いまだに温暖化による危機が声高に叫ばれているが、驚くべきことに、データ上は20年近くも温暖化は進んでいない。さらに、太陽学や古気候学の最新知見から予測すると、今後太陽の活動が弱まり、地球寒冷化の可能性すらあるのだ。
物理学者からの警告!気候変動の主役は、CO2ではなく太陽だ。とあります。

国連機関IPCC(気候変動に関する政府間パネル)が地球温暖化を唱え始めてから25年経過し、実際に温暖化が起こったのは7~8年に過ぎずその後世界の平均気温は頭打ちになって今はむしろ下降傾向にある。CO2濃度は毎年増え続けているのに、気温は18年間横ばいで、CO2理論が間違っていることは明らか。

あまりに政治化された「地球温暖化」について、国連機関IPCC(気候変動に関する政府間パネル)は、本来の研究機関ではなく温室効果ガスによる地球温暖化を前提として作られた組織なので、CO2削減という「先に結論ありき」で無理な作為を繰り返し、多くの疑問と誤りが見いだされクライゲート事件(内部機密メールの大量流出)に発展した。

日本が世界から取り残されている経緯について、京都議定書(CO2削減の数値目標)で背負い込まされた負担を、国民に崇高な義務と信じ込ませるため国を挙げてのキャンペーンの結果ではあるが、この問題の正否に真剣に取り組む気象学者がいなかった。そのため、国策に協力すればポストは保証され不自由なければ、異論を唱えようとしなくなるのは当然である。

地球温暖化についてのブログでのやり取りを見ていると、大多数は英語国民の間に限られていて日本からの発信は見たことがない。国の枠を超えた自由な意見交換が日常的に行われていることがうらやましい。日本を世界の孤児にしている。欧米の人たちの意識は変わっているのに言語障害のために日本に伝わっていない。
日本のマスコミはせめて世界で起こっていることを正確に伝えるのが使命であるくらいの見識は持ってほしいものだ。

日本では、温暖化対策のために巨額の費用が投じ続けられている。
日本の場合、国民がそのために払わされている税金は毎年4兆円だが、じつはCO2排出削減政策がGDP(国内総生産)を年間1~2%、金額にして5~10兆円押し下げる効果(逸失利益分)を加えると、負担は一世帯当たり20万円にもなる。われわれは毎年20万円も取られているのだ。

今後取るべき政策として、温暖化対策という金づるにぶら下がっているものすべてを精査して、大幅に切り捨てることから始めなければならない。
原発事故では原子力ムラの存在がクローズアップされたが、それと同様に、温暖化対策予算の周りには温暖化ムラが出来上がっている。
政・官・学と一部の企業を巻き込んだこの利権集団はなんとしても解体しなくてはならない。
また2012年10月から導入されて国民に年間2600億円の負担を強いている環境税も温暖化対策という目的が不合理なので廃止すべきである。
温暖化対策にこれだけ投資をすることは無駄なことで厳しく断罪されるべきであろう。
国を挙げての世論操作に騙されず、公権力の乱用を許さないようにしようではないか。

近頃しきりに戦時中のことを思い出す。先の見えない閉塞感の中で、地球温暖化防止という大義の下で人々が孜々としてCO2削減に励んでいるさまは、鬼畜米英を追放して大東亜共栄圏を構築するという大義の下、国を挙げて戦っていた姿にぴったり重なると著者は述べている。

現在これだけの情報が飛び交う中で、マスコミとは一体何なのか疑問に思ってしまう。真に伝えなければならないものと、ただ興味本位から伝えたいと思うものと勘違いしているように思えます。
今回の熊本地震のマスコミによる過熱報道ぶりも目に余るものがあります。TVはどの局も最新情報を伝えたい一心で同じように被災者の立場を考慮せず被災者に問いかけ繰り返し報じている。過熱報道のためのヘリコプターより現地に救援物資を早く届けることを優先できなかったのかと思いました。
以上    
ジョンレノ・ホツマ
[PR]
by hon-hotsuma | 2016-04-29 18:32

ハタレ考1

8綾 「ハタレ」考 1


(8-24)
かだまろが いたれははたれ
いろかえて かきみたれたる
きくみちの ここさわゆくや
ひめおどり むらくもたひや
(8-25)
ほたるひの わらひあざけり
いかりびの あをたまはけば
すすみえず

「カダマロ」(荷田麿)が花山の野に着くと、「はたれ」どもは辺りの景色を一変させました。
花が咲き乱れている「菊の道」(黄色の道)になっている「ココサワ」(菊沢)に行きました。すると、「ヒメ踊り」のように地中に秘められていたマグマのようなものが噴出して踊っていました。空には、むら雲が立ち上り、松明が灯っているかのように明るく輝き、蛍火のように火花が降り注いでおりました。地中が嗤い嘲っているように辺り一面に、怒り火のように青珠が吐きだしていました。とても前に進めるような状況ではありませんでした。(藤田 訳)


この記述には、火山の噴火や硫黄鉱山の自然発火の様子、さらには鉱山での採掘状況が隠されているよう思われたからです。
いかりびの あをたまはけば (怒り火の 青珠吐けば)

添付写真が示している硫黄鉱山の硫黄の自然発火を見ると、まさに「怒り火の青珠が吐きだす」という情景を見ているような気がしてきます。
地獄の業火-青い炎が美しくも過酷な硫黄鉱山の写真52枚(Olivier Grunewald)より抜粋
http://www.inspiration-gallery.net/2010/12/12/










青い炎は硫黄が燃えている様子を表しています。

② ひめおどり むらくもたひや 姫踊り(秘め踊り)


写真は、桜島の噴火の様子ですが、地中に隠れていて今まで秘められていたマグマが噴出し、まさに踊りだしているという表現を使ったのではないかと考えました。

この噴火の様子が、「ひめおどり」(姫踊り)と称して、秘められていたものが踊っていると言っているという解釈も成り立つかなと思います。

「はたるび」(蛍火)とは、火口から飛び散っている無数の火の玉が線香花火のよう見えることを言っているように見えます。







③ 「オコゼ」・「アゲネズミ」・「フトマガリ」など

これらには、鉱物資源について隠された記述になっているように思えます。具体的に、どれが、どれに該当するのかは明確ではありませんが、少なくとも金属の原鉱石を象徴しているように考えます。
朱砂(硫化水銀)、水銀、銅、硫黄、金、銀などの地中から掘り出された原石の色、形状と似ていると思われるからです。

高野山の付近には、水銀(朱・丹生・硫化水銀)、銅、金などが埋蔵されていたことを考慮すると、渡来系の集団を含めて、これらの金属資源を我が物顔で探し求めていた人々を「ハタレ」であったと見なせるのではないでしょうか。

ハタレが飛びついた「オコゼ」は、辰砂(丹生・硫化水銀)の原鉱石のことを隠していたと考えます。(写真はオコゼと原鉱石 いずれもYahoo画面より拝借)

























「アゲネズミ」も銅の原石あるいは他の金属の原鉱石のことが隠されていたと考えます。








揚げネズミと銅の原石   これらの写真はいずれもYahooより拝借

「フトマカリ」は餢飳(ぶと)、高糫(たかまがり)のことのようです。











↑特別公開文化財『下鴨神社』大炊...より

これも、金とか他の何かの原鉱石のことを隠すためであったような気がします。

今後、記載場所の考察や鉱山の産出金属などを照らし合わせて、特定できたらと思っています。

以上
[PR]
by hon-hotsuma | 2016-04-13 16:18

カテゴリ

全体
未分類

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

歴史
語学

画像一覧